プロフィール

元秘書・児童英語講師。自然育児を目指して、南の離島で日々精進しているワーキングマザーです。

exbabychild

Author:exbabychild
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

相互リンク

リンク

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国の知育玩具

今日は、地区の大ゲートボール大会です。
老いも若きもみんなでゲートボールをします。
私はスポーツ的なものには一切才能がないので、こういうときは本当にブルーな気持ちになるのですが、子供も他の子どもと遊べて楽しそうですし、頑張って参加しています(笑)

ところで、昨今では日本でも自然育児やシュタイナー、モンテッソーリなどの教育精神が認知されてきているせいか、木のおもちゃなどを代表とした知育玩具が注目を浴び、また根付いてきたように思います。

では、諸外国ではどうでしょうか。おもちゃ売り場の規模が違う外国ですが、やはり実店舗でも、インターネットでも「知育玩具」は人気です。

日本でも人気のある、HABAやNEF、Sassyなどのメーカーのおもちゃでも、日本では発売されていないものが多く、やはり外国のもののほうが種類が豊富だなといつも思います。海外発送をしてくれるところなどもありますので、英語に抵抗がない方は注文されてみるとよいかもしれませんね。私もよく、友人に頼まれて代わりに注文したりしています。

その中でも面白いなと思ったのが、木のブロックでアーチ形の門を作るおもちゃです。最初はすでに門の形になっているのですが、それをばらしてもう一度同じ形にするのです。

門の周りのはブロック塀になっていて、互い違いに積むようになっています。その門を積んで作っていくことで、もののバランスの良い積み方や、アーチ状のものの構造を理解できるようになっています。

また、女の子向けではやはり、特筆すべきはドールハウスでしょう。西欧諸国の女の子はドールハウスなしには成長しないのではないかというほど、ドールハウスは文化に根付いています。ドールハウスも2階建ての5LDKくらいあるのが普通ですし、豪華なものだと2バスルームだったりして家の文化の違いを感じます。

そんなドールハウスは、日本で購入するとかなりのお値段ですが、海外のものは普及しているからか、そんなに高くありません。また、作りも木でできていて、質素な家具が据え付けてあるようなシンプルで素朴なものが多いです。

今のお手持ちのおままごと道具にドールハウスを追加するだけで、女の子の遊びはぐんと広がります。いつでも女の子は、ママのまねをしたり、プリンセスになってみたりしたいものです。そういった遊びが、感受性や想像力をはぐくむのでドールハウスはなるべくシンプルなもののほうが良いのです。

遊びながら自然の摂理や、社会とのかかわりを学べる知育玩具は本当によく考えて作られているな、と思います。ぜひ、お子さんにおもちゃを選ぶときには、おこさんの想像力を壊さないような、素朴なおもちゃを選んでみてはいかがでしょうか。

今週も楽しい一週間をお過ごしください。


お役立ちリンク

柔道整復師 国家試験
製菓衛生師 試験
海事代理士 試験
システム監査技術者 試験
システムアナリスト 試験

<< あめのひにはおりがみで | ホーム | 光を感じる >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。