プロフィール

元秘書・児童英語講師。自然育児を目指して、南の離島で日々精進しているワーキングマザーです。

exbabychild

Author:exbabychild
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

相互リンク

リンク

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日の積み重ねの子育て

東京マラソン、圧巻でしたね。私たちの住んでいる島でも同じ日に全島を挙げてのマラソン大会があったのですが、朝から雷と大雨・・・。結局、中止になった様子でした。台風かと思うくらい、外はあれていて外出もままならないくらいでした!

花

花

東京も天気が悪そうでしたね。昨日は大変お天気が良かったので、公園にお出かけしました。その時につつじがたくさん咲いていたので、パパが撮影してくれました。

さて、今日のように天気の悪い日には家の中で過ごさなくてはなりませんね。ちいさな赤ちゃん、目の離せないはいはい期、いたずらだいすきのよちよち期のあかちゃんと一緒に家の中に閉じこもっているのは時に本当につらく感じることもあると思います。お母さんは気が抜けませんし、外に出て気分転換もなかなかできませんね。。

あまり風が吹いていない雨の日でしたら、玄関やベランダなどに思い切ってでてみてはいかがでしょうか。ずぶぬれになるほど出る必要はありませんが、窓を開けて雨音をきいてみたり、コップに雨水がたまっていくのを観察したり、植物に水が当たるのを見たりしてみてはいかがでしょう。

雨はどうして降るのか、何で雲ができるのか赤ちゃんとお話しするのもいいですね。今降っている雨は、昔いつの日か降った雨が木の葉にあたり、それが土に零れ落ちて地下に行き、そこから川になって海へ行って、海の水が蒸発して雲になってまた帰ってきた水であるということ。すべてのものは廻っている命の中で生まれ、はぐくまれた大切なものであることなどを教えてあげることができるのではないでしょうか。

一つのものごとを子供に教えようとする時、大人の都合のよいように教えるのはあまり良くありません。。。と思います(笑)。最初は子供の興味を引くように教えてあげてもいいと思いますが、最後の結論は客観的にきちんとした事実を伝えるのが良いと思います。

たとえば、「どうして雷が鳴るの?」と聞かれたとします。「雷様がならしているの?」と続けて聞かれた時には、「そうね。雲の上に雷様がいて、怒っているのかもね」と一度受け止めるとよいと思います。その後に、「雷様が鳴らしている雷は・・・」と続けて、「雲の中にある電気がたくさんになりすぎて、雲の上から逃げてきているんだよ。放電っていうんだよ」と教えてあげます。こうすると、物事のいろんな面が見えてきたり、新しい発見をしてくれるのではないかと思います。

また、難しいと思う内容でも、子供は心の片隅にこういったことを貯金してくれていると思います。いつか、大きくなってちゃんと勉強するときに思い出してくれるといいなと思っています(笑)

子供に嘘をつかないということは、躾けるうえで本当に大切です。スーパーなどでこれが欲しい、あれが欲しいとわがままを言わないようにするためには、やはり親がいつも子供に嘘をつかないことが肝心です。

「買う」といった時には必ず買ってあげる。「買わない」といった日には、絶対買わない、これが肝心です。たとえば、「小さいお菓子なら買ってもいい」とか、「今日はお金がないから我慢してね」というように子供に約束してからスーパーに入り、その通りにします。買わないと言ったのに買ってあげたりするのは大変良くありませんので、これはお子さんが本当に小さいうちから実践すると楽だと思います。

なんでも大人の都合のよいようにするのではなく、子供に嘘をつかないで客観的に事実を伝える積み重ねが、しつけの基本なのではないかと思う今日この頃です。

そろそろ春がやってきましたでしょうか。心もほくほく、暖かく楽しい一週間を過ごしましょう☆


お役立ちリンク

裁判所事務官 試験
家庭裁判所調査官補Ⅰ種 試験
防衛省職員 試験
自衛官 給料
自衛隊曹候補士 航空

タグ : 教育 つつじ

<< 寝汗!!すごいですよね! | ホーム | 春の風物詩 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。