プロフィール

元秘書・児童英語講師。自然育児を目指して、南の離島で日々精進しているワーキングマザーです。

exbabychild

Author:exbabychild
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

相互リンク

リンク

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島に咲く花 その2

今日の気温は15度。暖かさに慣れてしまった体でも、確かにあったかい♪と感じるほどの気温です。
こちらではそろそろ田植えの準備が始まります。

代掻きといって、田んぼの土をトラクターなどでほぐすのですがそうすると、土の中の虫やら何やら・・が土の表面に出てくるのでそれを食べに鳥がたくさん集まってきます!トラクターの後ろを鳥がちょこちょこついていく光景は何度見てものんびりしています。

ハイビスカス

ところで、今回のおは皆さんが期待している南国の、そう!ハイビスカスです。ハイビスカスは、夏にも咲きます。冬にも咲いています。(知りませんでした(笑))

でも、冬に咲いているハイビスカスはちょっと色がかすんでいて・・やはり夏のギラギラした日差しの下で咲いているほうが似合っています。

をお子さんと一緒に見るというのは、お子さんの感性を育てるのに本当に素晴らしいことだと思います。おを見つけるたびに、「きれいな黄色ね~」「かわいいだね」と教えてあげていると、「おはきれいなもの」「大切なもの」という気持ちがはぐくまれていくのだと思います。色を教えてあげるのにも、絶好の機会ですし、またきれいに咲いたお花が枯れていくのを見て命のサイクルを教えてあげられます。

うちの子にも、散歩のたびにお花を見せて色を教えたり、「花びらがぎざぎざしていてかわいいね」「ここがまるくておもしろいね」といったように話しかけていました。

きまった形がいいのではなく、どんなお花もそれぞれきれいでかわいいんだよ、とさりげなく個性の大切さを伝えるいい機会にもなると思います。

また、土いじりや雑草ぬきなどしていると、土の中や葉っぱにいるたくさんの虫に出会います。子供はなぜか虫好きですね。ダンゴムシ程度なら、私もまぁ付き合ってあげられますが・・・青虫等の幼虫系はちょっとつらいです・・・。

我が家の垣根にあるはっぱに、異常に青虫が発生したときには気絶しそうになりましたが子供は「はらぺこあおむしだらけだよ~~~~♪おなかすいてるのかな~~?」と大喜びでした。私では対処できず、薬をまくのも何なのでパパに一匹ずつ箸で取ってもらいました(-_-;)

自然と触れ合う時間が多いほど、心の成長が良いという風におっしゃる方もいて、子供が自然と触れ合うというのはとっても素敵なことだと思います。寒風に負けず、たまにはお花屋さんをのぞいてみたりするのも良いかもしれません。

今週も楽しい一週間をお過ごしください♪




ファッションリンク

ポールスミス 名刺入れ

ユニクロ コート

miumiu サンダル

ブルガリ ネクタイ

プラダ パンプス



お役立ちリンク

准看護師 専門学校
保健師 国家試験
助産師 学校
救急救命士 国家試験
診療放射線技師 募集

タグ : ハイビスカス

<< 島に咲く花 その3 | ホーム | 島に咲く花 その1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。