プロフィール

元秘書・児童英語講師。自然育児を目指して、南の離島で日々精進しているワーキングマザーです。

Author:exbabychild
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

相互リンク

リンク

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語カードで遊ぶ

土曜日からパパが出張に行っています!
ラッキー

南西諸島のこの島では、お惣菜を買いにくところがあまりありません。
そのため、日ごろの食事はすべて手作りなのですが、パパがいないときにはインスタントラーメンやコンビニ(街で一軒(笑))のおでんなどを食べることができるのです。

日ごろそういったものに飢えている我が家では、この日を待っていたようにコンビニで総菜を買い、楽しく息子と二人でご飯タイム

しかし、携帯電話の充電器をパパが持って行ってしまったので私の携帯がなんと放電してしまい、画像がない回になってしまいました(-_-;)

いま、息子にとっては「インスタントラーメン」が憧れで、パパがいないときか私が病気の時にしか食べられない代物で、しかも「崖の上のポニョ」でポニョがそうすけと食べていたものですから、ハムを入れてゆで卵を半分に入れてあげたインスタントラーメンを出せば感激のあまり「きゃ~~~~~~~」と叫んでいます(笑)

さて、そんな最近の息子の普通の好物は「マカロニチーズ」です
よく、アメリカンコメディやドラマに出てきていますがご存知でしょうか
このマカロニチーズ(Mac’n cheese)は、アメリカ人ならだれでも好きな家庭料理。
はっきりとした民族がなく、おふくろの味がホットドックといわれるアメリカの中で、あまり知られていないですが代表的な家庭料理のひとつです。
デスパレートな妻たちでもよく出てくるので、ご存じのかたも多いのではないでしょうか。

お子さんに、英語を教えてあげるのもいいですがその前に世界には様々な人種や文化があることを教えてあげるのもよいと思います。
言葉は単なる手段で、その根底には世界には様々な人種や文化があり、それをつないでいるのが言語だというのを最終的には教えていただきたいと思います。

物には「多面性」があるということ、つまり「パイナップル」は、「Pineapple」で「Ananas」で「Pina」、ということですね。

日頃から英語に触れさせたいということでしたら、これはなにか、あれは何かという問いに英語で答えられたらよいと思います。
・・が、そんな実力があったらとっくにしているわとよく言われますので、絵と文字が表裏に書いてあるカードをご購入されて、カードめくりの遊びなどをされると面白いですよ。
2枚ずつあれば絵合わせができますし、1枚だけでも「動物はどれ?」「虫はどれ?」といってあてっこすると盛り上がります。

子供用のピクチャーディクショナリーを開いて、同じ動物を選んだりしてもたのしいですね

小さいうちは、覚えさせることより続ける習慣をつけるほうが大事ですので、親子で楽しんであそんでみてくださいね。

それでは、今週も楽しい一週間をお過ごしください



ファッションリンク

クレージュ バック

クレイサス 財布

組曲 ジュエリー

グッチ ネクタイ

カルティエ ボールペン




お役立ちリンク

玉掛技能者
管工事施工管理技士 1級
建築設備士 試験
建築設備検査資格者 講習
特殊建築設備調査資格者
スポンサーサイト

テーマ : 育児日記 - ジャンル : 育児

子どもと言葉と英語

北の地方にお住まいの方は、ずいぶん寒くなってきたのではないでしょうか。
今日は子供の保育園の運動会で、私は体調が悪かったのですが、なんとかお弁当を作り、子供の勇姿をビデオに収めました!

さて、今回はお子さんと英語に関して・・。

お子さんの周りをなるべく英語で満たしてあげる環境が良いといわれていますが、それは英語が外国語になる前に、お子さんの脳や耳に英語を入れてどちらを聞いても自然に意味がとれるようになるのが苦労なく英語をマスターできるであろう、ということです。

母国語と同じようにマスターしようというわけです。

まだ、赤ちゃんが小さいようなら、とにかく目につくところに英語の絵本やポスターを貼ったり、雑貨を使用したりしてなるべくアルファベットの書いてあるものを置いたり。

お勧めなのはディズニーやセサミストリートなどの番組を原語で見ることです。

こういった番組は、子供向けに研究されて作られていますから子供は言葉がわからなくても釘付けです。

また、発音も放送業界共通のきれいな発音に近いものが多く採用されていますので、お母さんやお父さんが英語が苦手でも聞き取れると思います。

最初から日本語で見せてしまうと、あとから英語で聞きたくなってもお子さんが違和感を感じたり、嫌がったりして見られなくなることがありますから、最初から英語で見せておいたほうが良いかもしれませんね。

英語の絵本も大変良いとは思いますが、まだお子さんが小さいうちでしたら「ピクチャーディクショナリー」という、お子さんに物の名前を教えてあげるための絵の辞書のようなものが海外の出版社から出版されています。

最近は日本製のものもありますが、海外のもののほうがレベルに合わせて選べるので、インターネットや大型書店などの洋書コーナーで探してみてはいかがでしょうか。

この辞書は、お子さんが日本語を覚えるのにも英語を覚えるのにもよいという意味で、絵本よりお勧めしたいくらいのものです。しかも、ご両親も英単語の勉強になります(笑)

日本語と英語という側面が物にはあるのだということを、自然に理解できるように教えてあげられると無理なく英語の世界に入っていけると思います。



最後になりますが、語りかけの順序は日→英が基本です。

「子犬→puppy」というと、後から言われたほうが耳に残るからだそうです。



それでは今週も、楽しい一週間をお過ごしください



生キャラメルの情報についてはこちら
インスパイリングでMicacoさんダイエットの情報についてはこちら
ツインエレナイザーの情報についてはこちら
H&M 通販の情報についてはこちら
H&M ワンピースの情報についてはこちら


お役立ちリンク

液化石油ガス設備士 講習
高圧室内作業主任者
酸素欠乏危険作業主任 講習
エックス線作業主任者 試験
ガンマ線透過写真撮影作業主任 試験

テーマ : 育児日記 - ジャンル : 育児

子供と英語

今回は、元児童英語教師としてのノウハウをアレコレ。

お子さんに、英語を習わせたいというお母さんが増えていらっしゃいますね。

子供には、とってもすばらしい音感が備わっているので、小さいうちから英語に触れさせてあげるのはとても役に立つと思います。

というのは、英語を聞く力が育つからです。
日本語と一緒で、英語は英語を母国語とする人達にとっては「国語」です。
その人達が赤ちゃんだったら、やっぱりお母さんの行っている事を一生懸命聞いて、真似しながら大きくなっていきますよね。
ですので、一番最初はやっぱり英語を聞くところからはじめるのが良いと思います。

英語をたくさん聞かせて上げる環境にするには、まだ日本語が入りきらない小さいうちからはじめるのが良いと思います。
たとえば、BGMに英語の音楽を聞かせてあげたり、英語の絵本を読んであげて、英語と日本語がある環境を作ってあげたり。

読み書きは、あとからなんとでも勉強できますが、英語を聞き取る耳の力だけはお母さんが作ってあげる事が出来ます。
また、お母さんやお父さんが無理やり英語で話しかけなくても良いと思います。

英語は日本語に比べて語彙が少なく、日本語のほうがよほど美しく、奥深い表現が出来るものです。
お母さんは、できるだけ美しい日本語で赤ちゃんに話しかけて頂きたいと思います。

お子さんがまだ小さいうちは、物には言語に即した言葉があると言う事、つまり「犬」「Dog」という国や文化が違うと、様々な呼び方になるのだと言うことをさりげなく教えてあげる事からはじめたら良いのではないかと思います。
また、幼児教育で英語を習わせたからと行って、何ヶ月かでぺらぺらになるわけではありません。

赤ちゃんが、日本語を覚え始めてからきちんと話せるようになるまでには3年以上かかりますね。
読み書きを含めたら、それ以上です。
それと同じ基準で捕らえて、生活にプラスアルファをするものだと考えて幼児教室をお選びになられたらよろしいかと思います。



次回は、英語環境作りのヒントをお伝えしたいと思います。



豆乳クッキーダイエット レシピの情報についてはこちら
耳つぼダイエット 大阪の情報についてはこちら
産後ダイエット カロリーコントロールの情報についてはこちら
激安 マイクロダイエットの情報についてはこちら
リネージュ2 botの情報についてはこちら

テーマ : 育児日記 - ジャンル : 育児

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。